現代経済学の直観的方法

私たちは社会に身を置いて生活しています。

会社に勤めている人は、日本経済に否応なく関わりながら仕事をしているわけで、仕事を進めるうえで経済の知識があればより働きやすく、成果もあげやすくなります。

では、どうやって学べばいいのでしょうか。

経済と聞いただけで頭が痛い

経済のことで知っていること話してみて、と聞かれてちゃんと答えるのは、毎日会社でまじめに働いてちゃんと生計を立てている人でも、なかなか難しいですよね。

金利が上がるってどういうこと?上がったら自分の生活にはどういう影響が出るの?

一つひとつの事柄なら、ネットで調べればある程度わかります。

でも、景気の良し悪しと金利の関係は?どうなったらインフレになりデフレになるの?

疑問は山ほどあります。

1冊本を買って読み終えれば、経済のある特定分野のことはそれなりにわかるようになるかもしれません。

経済全般のメカニズムを知りたい

ただし、経済の様々な事象はすべてつながっています。

その全体像がどうなっているのかを把握するためには、おそらく何冊も本を読み理解したうえで、自分の頭の中で結合させなければなりません。

私もこれまで経済の全体像を何とか理解できないかと、いろんな本を買いあさってきましたが、なかなか目的が果たせませんでした。

経済にまつわる何冊も読むどころか、難解な専門用語や概念が出てくるとお手上げで、1冊も読み通せず、みたいなこともたくさんありました。

そんな人に救世主となる一冊!

筆者も言っていますが、経済を理解したいがどこから手をつければよいかわからない人に特におすすめです。

たった一冊で頭の中にかかっていた霧が晴れ、見る景色が変わります。

資本主義のメカニズムから始まり、ケインズ経済学、貨幣の増殖メカニズムなどについて述べられていますが、経済の予備知識ゼロの読者でも読めるよう配慮されているので、大丈夫です。

まとめ

日本はバブル崩壊後、長らく経済が低迷した状態が続いている一方で、少子高齢化が進み、先行きに不安があふれています。

将来が見通せないので、各家庭は貯金にいそしみ、企業は投資を抑えて内部留保を手厚くしています。

この状態が続けば、どういうことになってしまうのか。

ほんの60ページほど読むだけで、答えがわかるようになります。

筆者は引き合いに出す例えが上手です。

難しいことを簡単に説明してくれるので、概念自体は難しくても、なるほど、そういうことかとすっと腹に落ちます。

今まで私が読んできた書籍では感じたことのない体験です。

是非皆さんも目からうろこを体感してみてください。

「話す力」の鍛えかた

仕事もプライベートもうまく話せず苦労している、そんな方も多いのではないでしょうか。

筆者自身も話し方には苦労をしており、毎日どうすれば良いか悩んでいました。

そんな時に手に取った本書によって会話の基礎が身に付き、コミュニケーションの改善が得られたのです。

そんな本書の魅力について解説します。

基礎を重視する

本書は基礎を重視しています。

挨拶はもちろんのこと、「お」と「ご」の使い分けといったシンプルなものが序盤で解説されていることからもそのスタイルがうかがえます。

意外にこれらのものがおざなりになっていることも多く、その点は参考になる部分やはっとさせられる部分が少なくありません。

このほかに普段から様々な引出しを持つために話のネタを用意し、相手に合わせたネタを出すといった点も推奨しています。

また、会話を強調したいため、つい断定的な発言をしやすくなりがちなのですが、そういった話し方をすると相手との衝突や話を聞いてくれなくなるといった事態になりやすいので注意しましょう。

ジェスチャーも意識した話し方を

話し方のテクニック以前にジェスチャーや身だしなみといった外見的なものも重要だとしています。

悪い姿勢で話すよりも姿勢をよくして話したり、安易に足を組んだりしないといった点にも触れているのは印象的です。

あがり症の対策

あがり症の対策として、失敗よりも話の内容に意識を持っていくことを推奨しています。

一つの話に一つの柱というポイントで、何が言いたいのかをあらかじめ決めておくことによって話がまとまり、話に集中できるため上がりにくくなるというのです。

こういった点に注意して話をするようにすればあがり症の対策になると知り、実践してみたところ上がりにくくなりました。

何も考えずにいると失敗や恥ずかしさなどが前面に出てしまって会話ができなくなります。

そう言った意味で話の内容に意識を持っていくことは重要です。

まとめ

本書は単にテクニックだけでなく、どうすればうまく話せるかといった大局的なものについても触れています。

例えば、生理的にも心理的にも快適と感じるものを自然に追求する方向に向くという視点について触れています。

この点に注目してしぐさや話し方を変えるだけでも、より多くの人に自分の話を聞いてもらえたり、スムーズな会話ができるようになるでしょう。

この本では基本的なテクニックをまとめたシンプルなものが多くあります。

しかし、これらの基本を意識して先ほどの心構えで対応するのが会話を上達させる秘訣といえるのです。