精神疾患の治療で訪問看護を利用するなら自立支援医療がおすすめ!仙台市の例を解説

宮崎県の県庁所在地として、100万人以上の人口を誇る仙台市。すべての人が安心して暮らせるまちづくりを目指し、医療・福祉施策に力を入れています。
今回は自立支援医療に注目し、事業内容や仙台市での利用手続きなどを解説します。

自立支援医療とは?訪問看護も利用対象になる!

自立支援医療とは、精神疾患(うつ病や統合失調症、知的障がいなど)により継続的な通院治療が必要な場合に医療費が軽減される制度です。通常の医療費負担は3割ですが、自立支援医療を利用すれば1割負担となります。
また自治体ごとに指定医療機関が決められているため、利用するときは気をつけてくださいね。
通院と聞くと病院や診療所を思い浮かべる人が多いと思いますが、仙台市の訪問看護事業所も自立支援医療の対象となります。訪問看護の支援内容は、日常生活援助やリハビリテーション、服薬管理などさまざま。自宅でサービスが受けられるので、生活に寄り添ったサポートを受けたい人はぜひ利用してみてくださいね。

仙台市で自立支援医療を利用するには?

自立支援医療を利用するには、管轄の区役所に申請手続きを行いましょう。
必要書類の中のひとつに「自立支援医療用診断書」があります。これは継続的な治療が必要である証明のため、指定医療機関で作成されるものです。また訪問看護を利用するには「精神科訪問看護指示書」の写しが別途必要なので、あわせて確認しておいてくださいね。
受給者証の交付には最低でも1ヶ月はかかるので、早めに手続きしておくと安心です。毎回有効期間が設けられているので、継続して利用する場合は更新申請も忘れず行いましょう。
仙台市内では170件以上の病院・診療所、70件以上の訪問看護事業所が指定されています。各区で件数も充実しているので、利用者に合った医療機関が見つかりそうですね。

個々に合わせた生活のサポートができるのが訪問看護の強み

精神疾患を抱える人の中には、日常生活に支援が必要なケースも少なくありません。訪問看護は一人ひとりの生活に寄り添うことができるため、通院だけでは感じ取れない暮らしの現状や悩みをサポートしてくれます。
負担軽減によって継続的な治療につながるのが自立支援医療の大きなメリットです。利用を検討している人はぜひ参考にしてくださいね。

保険適用で訪問看護サービスが受けられる条件は?大田区の訪問看護施設の取り組みも紹介!

近年の医療の進歩や、生活習慣の意識改善から人生100年と言われる時代。
大田区にお住まいの皆さまにとって、訪問看護は自宅にいながら医療行為を受けられる大変便利なサービスとなっています。
訪問看護サービスは保険適用される場合もありますが、保険適用されない場合もあります。

本記事では、保険適用で訪問看護サービスを受けられる条件や大田区の訪問看護施設の取り組みを紹介します。

高齢者が暮らしやすいまちづくりをしている大田区

大田区は高齢者が暮らしやすいまちづくりに力を入れています。
高齢者向けの施設やサービスが充実し、健康や生活の質をサポートする取り組みが進行中です。
大田区は「大田区高齢者のためのサービスガイド」を提供しており、年齢別にサービス対象が分かりやすくかかれています。

高齢者が自分らしい生活を営むためのバリアフリーなまちづくりが進んでおり、生活環境や支援体制が整備されている大田区は、高齢者にとって安心して暮らせる場所となっています。

介護保険や医療保険を使った訪問看護を利用する場合

訪問看護サービスで公的介護保険を適用する場合、下記が必要です。
・医師から「訪問看護指示書」の交付がされている
・要介護、要支援の認定を受けた65歳以上の人
・要介護、要支援の認定を受けた40歳以上65歳未満で16特定疾病の人
介護保険の場合は原則1割負担であるため、こちらの方が料金は安くなります。
しかし、支給限度額が決まっているため注意が必要です。

公的医療保険を利用する場合は下記が条件となります。
・医師から「訪問看護指示書」の交付がされている
・40歳以上で要介護・要支援の認定を受けていない人
・40歳未満の人
医療保険の負担額は原則3割でです。
また、原則週3回以内の利用と制限されています。

介護保険と医療保険は同時に利用することはできません。

自費の訪問看護を利用する場合

保険適用になる場合でも、金額や使用回数に制限があります。
制限を超えてしまうと、その分は自己負担が必要です。
10割負担となってしまうため、かなり高額な料金となってしまいます。

限度額、制限回数以上の訪問介護サービスが必要な方は民間の介護保険の加入をおすすめします。

一般的な調剤薬局と違う?株式会社が運営する広島の調剤薬局を紹介

調剤薬局は、個人経営のところも多くある一方、広島などの大都市では株式会社のように法人化して運営しているところも少なくありません。今回は、そんな株式会社に法人化した調剤薬局の特徴について、どのような特徴があるのかを見ていきましょう。

広く採用をしている広島の調剤薬局法人

株式会社化することで、資金調達しやすくなるというメリットもあります。そのメリットを生かして広島をはじめ広域の運営をしているのが広島の調剤薬局法人です。このような展開をしているため、常にスタッフを募集しており、薬剤師をはじめ、薬剤レセプトを行う薬局事務のスタッフも募集しています。また、受付の時間も長めに設定していることからパートタイムのスタッフも募集するなど幅広い人材募集を実施しているのも特徴です。

調剤薬局を超えた様々な業務に挑戦する広島の調剤薬局法人

株式会社化することで、調剤薬局にとらわれず、様々な事業に挑戦しています。安全な医薬品の提供という調剤薬局の根本となる業務を根幹にしつつ、在宅医療への参画や介護分野への貢献、さらにサプリメントや健康食品の販売なども行っています。これによってセルフメディケーションの支援を行うなど、調剤薬局から派生した様々な業務を提供しているのも特徴として挙げられます。

調剤薬局の直営や関連薬局化を進める

広島の調剤薬局法人は、広島県内だけでなく、県外にも調剤薬局を設置するところがあります。それだけ広域の展開をすると、直営だけでは十分な展開ができないこともあり、関連薬局という形でフランチャイズ化している調剤薬局も出てきます。これは、自身の経営だけでなく調剤薬局のノウハウを伝える代わりにフランチャイズ料のような料金を受け取るといった内容で運営しているスタイルです。もちろん直営が原則ですが、広島など多くの法人化された調剤薬局は、こういったスタイルで経営しているところも少なくありません。もちろん、個人で経営しているところも多くありますが、広島には株式会社化しているところも存在するのです。

東京の縫合針は世界一細い針を制作しています

どのぐらいの細いのか

医療は日進月歩です。
医療機器や器具も日々進化を遂げているのです。
首都近郊にある工場で創業して半世紀以上存続しています。
1960年代から医療制作をしています。
2004年に3年の開発期間を経て直径0.03ミリ長さ0.8ミリの針が誕生しました。
髪の毛よりも細く、肉眼でもわかりづらい大きさです。
大学病院の医師からの要望で制作が開始されました。
東京の縫合針最小の制作は当時不可能とされていました。
製造機械もないし素材も何を使用したらよいかわからない状態でした。
日々失敗を重ねていった結果一つの成功を手にしたのです。
世界で一細い針はどのように穴を開けているのでしょうか。
ドリルは入らないレーザーでは金属が溶けてしまいます。
針の根本を二つに折りそこに糸を挟み固定するという昔ながらの方法を採っています。
現在は約1万種類の針を生産しています。
多品種少量生産の対応していて独自のブランドも持っています。
ものづくりに関する数々の賞も受賞されています。

携わる技術者とはどんな人

世界一最小の開発する前は一人の針の穴を一人の優秀な職人に任せていました。
職人がある日働けなくなりましたが他に誰もできませんでした。
一人に頼るのではなくマニュアル化して誰にでもできて製造ができるよう今日にたどり着きました。
昔は見て覚えろというスタイルでした。
理解度や習得度、引き継ぐ力など技術にばらつきが生じてしまいます。
現在ではOJT研修制度を設けています。
会社は初めての方も安心して取り組める仕組みに努めています。
東京の縫合針の工場見学会社説明会が開催されています。
工場見学はオンラインでも可能です。
新卒は工業系学校出身者を採用していますが、中途では他業種から転職された先輩も在籍しています。
東京の縫合針の製造部門では半数以上は女性従業員が活躍されています。
女性の繊細さという性質が役立てられて世界一細い針の製作の実現ができているのです。
仕事と子育てを両立されている方もいます。