福山のラーメンはどんな傾向のものが多い?

福山ラーメンというジャンルは、そこまでメジャーではありません。
しかし、福山にあるラーメン店の傾向から、おおよそ福山的なラーメンを知ることは可能です。
また、福山には実際多くのラーメン店があるので、これが福山ラーメンといえるものではありませんが、その傾向について今回は、広島県のラーメンの特徴を解説し、その上で福山で多く見られる傾向のラーメンを紹介します。

広島県は2つのラーメンがメジャー

広島県には、東部の尾道市を中心とした尾道ラーメンと広島市を中心とした中華そばがあります。
尾道ラーメンは、平打ち麺と豚の背油が特徴の醤油ラーメンで、名物として尾道市だけでなく広島県東部で多く見かけるタイプです。
一方、広島市など県の西部にあるのが中華そばです。
こちらは中細麺に豚骨醤油スープが特徴のあっさり系豚骨醤油ラーメンになります。

このような2つの特徴を引き継いでいるのが福山のラーメンであり、広島県の第三のラーメンといってもいいくらい、2つとは似て非なる特徴を持っています。
次の項目では、福山でよく目にするタイプのラーメンを解説しましょう。

福山でよく目にするタイプのラーメンは醤油ラーメン系

福山でよく目にするタイプのラーメンは醤油ラーメン系です。
特徴としては、尾道ラーメンの派生といった方が良いかもしれません。
ただ、スープ、麺ともに完全な尾道ラーメンというわけではないのです。
まず、スープは尾道ラーメンが豚の背油が多く入ったスープなのに対し、福山ラーメンは鳥ガラを中心に小魚を加えた甘みのある醤油スープです。
尾道ラーメンの系統を汲んでいるため、背油が入っているものの、あっさりさを出すために少なめな傾向が見られます。
どちらかといえば広島の中華そばの特徴もスープに取り入れている印象があります。
麺は平打ち麺です。
この点は、尾道ラーメンと共通している部分ですが、熟成した生めんを使うなど一味違った工夫をしています。

以上のように広島県内のラーメンの特徴をとらえつつ、尾道ラーメンに近いのが福山でよく見るタイプのラーメンです。

美方郡の但馬牛を堪能してみよう

美方郡ってどんなところ

美方郡は、海や山などの自然が半分以上に覆われたところです。
二つの町を合わせた地名です。
それぞれ近隣の村と合併して、平成17年から現在の形になりました。
人口は、28370人くらいです。
自治体が県外からの移住を受け入れています。
移住支援サイトというサービスも、立ち上げています。
観光スポットの自然が多いので、全国から訪れています。
観光アプリもあります。
観光に訪れた人、訪れる予定の人はダウンロードしてみてください。
観光スポットの案内や宿泊施設が紹介されています。
登録者には、お得情報が発信されています。
ブランド牛にも力を入れています。
有名なのが神戸牛です。
神戸牛の元祖は但馬牛です。
美方郡は、但馬牛の発祥の地なのです。
美方郡の但馬牛の歴史は、1400年以上に上ります。
田畑は耕すことから始め、食肉としても愛用されています。
歴史の中で、絶滅の危機にさらされたこともありました。
地元も強い力により現在も活躍されているのです。

但馬牛はどこで堪能できるのか

レストランやホテル飲食店など多数で堪能することができます。
美方郡では但馬牛専門店もあります。
グルメサイトにも掲載されていて、肉が柔らかい、また食べたいなどの声もあります。
美方郡の但馬牛は、寒暖差が大きいところで育ちました。
厳しい環境の中で、脂肪を蓄えるようになりました。
環境が、霜降りの良い仕上がりになっているのです。
メニューには、ステーキやすき焼きなどがあります。
牛丼、ハンバーグ、肉うどんにも使用されています。
他では、民宿や旅館で食すことができます。
遠方で訪れるのが難しい方は、通販サイトでも販売されています。
キャンペーンで、値段が安くなっていることもあります。
時々チェックしてみてください。
送料が無料ところもあります。
ふるさと納税の返礼品にも掲載されていて、新たに加わった自治体もあります。
機会があれば堪能してみてください。