香川県警察の実施する街頭防犯カメラシステムとはどんな事業か?防犯カメラについても紹介

香川県は、高松市を中心に多くの都市があります。これらの都市の犯罪率を下げるために香川県警察では街頭防犯カメラシステムを実施しています。今回は、この防犯カメラシステムとはどんなものなのかを解説し、防犯カメラについても解説しましょう。まずは香川県警の行っている防犯カメラの施策についてみていきます。

香川県警の実施する街頭防犯カメラシステムとは?
香川県警では平成27年から街頭防犯カメラシステムの運用を開始しました。これによって犯罪の予防や被害の未然防止が期待されています。すべての市町村に設置されているのではなく、今の所運用されているのは、高松北警察署の管内と丸亀警察署の管内です。約40基ものカメラが配置され手織り、設置から多くの犯罪の重要な証拠映像を撮影してきました。また、設置することで犯罪件数も約25%減少している地区もあり、確実な防犯効果も発揮しています。

防犯カメラを販売している会社の特徴は?
防犯カメラはセキュリティにも関係する一面を持っていることから、専門知識のある会社が販売を行っています。防犯対策に特化した専門家がいるため、セキュリティの防犯や防犯機器を駆使した防犯対策の提案も行っています。さらに防犯カメラの販売だけでなく、防犯カメラの設置をはじめ防犯システムの設計、施工、さらに保守管理も実施しています。これによって防犯カメラを軸にした防犯対策やシステムの構築、電気錠、防犯に関する通信機器などの販売も実施しているのが特徴です。

防犯カメラ販売会社は社会活動も行っている
香川県の防犯カメラの販売会社は単に販売や設置などの業務を行っているだけではなく、地域の防犯活動に対しても積極的に活動を行っています。防犯ボランティア活動に参加する会社もあり、防犯研修会の実施やスキルアップ講座などの無料イベントを開催したりもしています。同時に防災のノウハウも豊富な企業が多いため、防災に関する各種活動もボランティアとして運動しているのも特徴です。

兵庫県内のスクラップ業者の特徴とは?

重化学工業の中心として発展し続けている兵庫県。日本製鉄や三菱重工業の工場があり、特に瀬戸内海付近では最も多い工場数を誇っています。その一方で需要が高まっているのが、スクラップ業です。
今回は、兵庫県にあるスクラップ業者の特徴を解説します。

スクラップ業者とは?日本の鉄スクラップ業についても解説

スクラップ業者では、買い取った金属製品の廃棄物をリサイクルしやすい状態に選別・加工しています。国内には、工業地帯を中心にさまざまなスクラップ買取業者があります。相場により買取価格は増減しますが、事前に見積もりを出してくれるところもあるそうですよ。
ちなみに、国内で発生する鉄スクラップは年間3000万トン以上。スクラップ買取業者で回収されたスクラップは、不純物を取り除いて加工されます。新たに扱いやすい状態に戻してから、リサイクルされたり海外へ輸出しています。
近年ではより品質が重視されるようになりましたが、それでも国内外で盛んに取引されている資源なのです。

兵庫県にあるスクラップ業者の特徴は?

兵庫県内のスクラップ業者は、特に沿岸部に集中している印象です。企業だけでなく、一般家庭(個人)からの買取を受け付けていたり、非金属やアルミ、雑品など幅広い素材を扱う業者も多いです。引き取りや運搬を行ってくれるところもあるので、持ち込みが難しい場合は事前に確認しておいてくださいね。
兵庫県内には、50年以上の歴史あるスクラップ業者もあれば、ここ数年でできた業者も多い印象です。買取価格やサービス内容などを比較しながら、自分に合った業者を見つけることができそうですね。

スクラップ業は地球の資源を守るために欠かせない仕事

スクラップ業は、リサイクルの一端を担う大切な仕事です。限りある資源を守るため、兵庫県をはじめ工業地帯を中心により発展していくでしょう。
スクラップ買取などを検討している人はぜひ参考にしてくださいね。

東金市で消防設備会社を探すには?消防設備と密接な関係がある消防団も紹介

東金市(とうがねし)は、千葉県の中東部に位置する人口5万人程度の準商業中心都市です。ここでは大学のキャンパスがあるなど、文教施設も充実しており、本などを守るための消防設備も設置されています。今回は、東金市で消防設備会社を利用する方法について解説しましょう。

東金市で消防設備会社を探すには行政のサイトが分かりやすい

東金市で消防設備会社を探すには行政のサイトが分かりやすいといえます。東金市には消防防災課があり、そこでは消防設備に関する問い合わせや情報収集ができるサイトになっています。ここで消防設備の会社を探したり、どのような消防設備を設置したいか大まかな相談ができます。ただ、東金市側としては具体的な一社を推薦することがないので、自分の事情にあった消防設備会社を選ぶようにしましょう。

消防設備を扱う消防団員

消防設備は、消火栓や消火水槽など路上に設置されていることも多くあります。そういった消火設備を消防隊と協力して運用するのが消防団です。消防団は火災や災害が発生した際に、場合によっては消防隊より先に消防設備の準備を行って消火活動の協力をします。地元住民で構成される消防団は昼夜問わず現場に駆けつけて消火活動に当たっているのです。そのため、定期的に消火設備の扱いを習って適切な使用ができるように訓練を受けています。

そもそも消火設備とは?

消火設備は消防法と呼ばれる法律で定められた火災を消火するための設備です。具体的には先ほど紹介した消火栓、消化水槽といった屋外にあるものの他、住宅や建物内にあるのは消火器、屋内消火栓、自動火災報知機といった設備も消火設備に入ります。これらの設備を有効に使用することで火災を最小限に抑えられるので、消防関係者でなくとも普段から使用方法について、あるいは機能について知っておくことが重要です。また、使用期限などもあるので使用期限が切れたものがないかこまめにチェックするようにしましょう。そうすることでいざとなった時に適切な対応ができるようになります。

徳島県にイベント支援はあるの?過去の実績や達成条件なども

四国の東側に位置する徳島県は、お遍路の起点があり大鳴門橋や阿波踊りなど全国的に有名な観光資源や文化も残っています。
そんな徳島県ではイベント支援は行っているのでしょうか?
今回は徳島県にイベント支援があるのか?過去の実績なども併せてご紹介します。

徳島県の観光と人口

徳島県と言えば、兵庫県の淡路島にかかる「大鳴門橋」や、「鳴門の渦潮」「祖谷渓」など観光で有名な自然が多く残る県ですね。
また、四国三大祭り・日本三大盆踊りの「阿波踊り」も有名ですね。
そんな徳島県ですが、2000年以降南海トラフ巨大地震の課題も抱え、若者の流出などから人口減少が顕著に表れています。
2025年には徳島県の人口は70万人になってしまう予想になっています。

徳島県にイベント支援はあるのか?

そんな徳島県ですが、サッカーチームがありスタジアムやイベントも行われています。
徳島県には2023年8月現在は募集は既に終了しておりますが、7月~8月の募集で「地域内経済循環再生促進費補助金」というものがありました。
県内の事業者で構成される団体実施の、マルシェや商店街スタンプラリー、陶器市や酒祭、年中行事を活かした消費喚起イベントなどが事業補償対象となっていました。
また、補助額は全額でした。(ただし上限は200万円まで)

徳島県の過去のイベント支援

徳島県は過去にも、コロナ禍の感染対策を実施した「ニューノーマルイベント活性化事業補助金」というイベント補助も行っていました。
この時の対象事業は、徳島県の観光資源・文化などを利用し、県外からのイベント参加が半数程度期待されるイベントに対してでした。
また、こちらは補助金を申請するにあたり実績の提出も求められる補助でした。
応募と補助には審査と条件がありましたが、徳島県はこのように度々地域活性化につながるイベント支援補助があることがありますので、徳島県内でイベントを行う事業者の方はぜひ徳島県HPの事業者向け観光のページをチェックしてみてください。

大分で車を点検する!ユーザー車検についても解説

大分は豊後水道を臨む場所に面し、関サバで知られる地域です。漁業以外にも自動車の点検を行っている場所も多く存在し、どんなところを利用していいか分からないという方もいるはずです。一方で、車検を自分で通すユーザー車検をどこで受ければ良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は大分で受けられる点検場所を探す方法や大分でユーザー車検ができる場所についても解説します。

一般社団法人大分県自動車整備振興会が紹介している場所で点検

車を点検するには、点検を手掛ける整備工場が集まる業界団体である一般社団法人大分県自動車整備振興会が業界している整備工場で受けられます。何となく気になる車のことをリラックスして相談できる場所ばかりで、業界団体に所属している分、きちんとした対応をしてくれる工場も少なくありません。そういったところで点検を受けるのがおすすめです。一方、自分で点検をして車検を通すユーザー車検も大分で可能です。大分県大分市大州浜1丁目にある大分運輸支局で受けられホームページから書類をダウンロードし、自分で車検を通せます。

点検を受けない車検?そもそもユーザー車検とは?

ユーザー車検とは自分で車を点検し、問題がないと判断したら運輸支局に車を持って行って車検を受ける方法を言います。整備工場の手数料が発生しない分、とても安価に車検を受けられる反面、専門知識がないと合格が取れないケースも少なくありません。もし、車を普段から点検し、十分な知識がある方は利用してみるのも良いでしょう。

運送業者は自前で点検できるところもある

運送業者も大手や地方の中堅企業以上になると充実した整備工場を持っているケースも少なくありません。そういったところでは日ごろからトラックの点検や整備を行っており、最低限の費用で車検が通せるような体制になっています。つまり日ごろから点検を行うことで望ましいコンディションになっており、車検を受けても異常箇所が発見されない、あるいは発見されにくいことがその理由です。

電気通信とは?

電気通信って何?

電気通信とは、読んで字のごとく「電気を通信するシステム」を指します。イマイチはっきりしない定義ですが、何とも答えようがありません。
最も身近で分かりやすい電気通信の例と言えば、インターネットでしょう。インターネットの発展には驚くばかりですが、基本的な部分は変わりません。ネット通信で欠かせないのは、電気通信です。決められた順序にアクセスし、データを表示。Wi-Fi等の通信手段も多様化しておりますが、通信手段が多様化しても基礎の基礎に変わりはありません。どんな方法を使ってもインターネットが出来るのは、電気通信あってのことです。

電話は電気通信の歴史の生き証人

電話も電気通信の一種。そもそも電気通信の歴史を語る上で、電話は切っても切れない存在となっています。電話が登場する前も、様々な通信方法が試されていました。産業が発達すればするほど、通信技術の開発は急務だったのです。電話が実用化すれば、成功者の証は保証されたのも同然。多くの技術者がわれ先にと、電話技術の開発に乗り出したのです。
そして1876年に満を持して登場したのが、電話。現在の電話と仕組みは、ほとんど変わりありません。

ラジオも電気通信の担い手

歴史の面でいえば、ラジオも電気通信の発達を担ってきました。通信と言えば、ケーブルを使うのが当たり前だったころ。ケーブルなしの通信は、あり得ない世界。そんなあり得ない世界を現実のものにするために、科学者が目を付けたのが「無線」だったのです。無線技術はみるみる発達し、国を超えての通信も可能になります。
そして無線技術を応用して生み出されたのが、ラジオ。ラジオ放送局が誕生したのは、ラジオ発明から後の話。でもラジオの仕組みそのものは、20世紀初頭に確立されたのでした。

電気通信を支えているのは?

無線を使った技術は、インターネットでも応用されています。無線で拾ったデータはケーブルを通して、各デバイスへ送信される仕組みとなっています。
無線に使うケーブルを製造しているのは、栃木にもあるケーブル加工会社です。

埼玉で水回り関係の会社ってどんなものがあるの?代表的なタイプを紹介

埼玉にはキッチンやバス、トイレ、洗面所といった水回りに関連する企業や業者が数多くあります。今回は、そんな水まわり関連の業務を手掛ける3つのタイプについて、どのような特徴があるのかをご説明します。

埼玉で水回りのリフォームや修理をする会社や業者

埼玉では水回りのリフォームや老朽化による破損の修理をする会社や業者がいます。実際に自宅を訪問して、必要なリフォーム工事の提案や修理内容を提案し、顧客の同意が得られたら水回りの工事をするといった業務を行っています。リフォーム業者として活動しているところでは、埼玉県内にいくつも支店を持っている所や地域密着型の個人業者、さらには水道工事を手掛ける建設会社がリフォームも手掛けているといったケースも見られます。いずれの会社や業者も提案力や施工技術の差はあるものの、基本的な流れは同じです。

埼玉で水回りの提案をする会社もある

埼玉には多くの企業があります。その中には直接個人ではなく、自社製品を先ほど紹介した水回り業者に使ってもらうことを目的にしている会社も少なくありません。そういった会社は、まず個人が気に入ってもらえるようなブランド力を磨いていたり、自社でショールームを開設しています。ショールームでは直接水回りの工事の受注をするのではなく、自社の製品を直接触って体験してもらうといったコンセプトでサービスを提供しています。

埼玉県内のほとんどの地域に点在する水回り関係の業者や企業

埼玉県内には多くの市町村があります。ただ、いずれの地域にも水回りの業者や企業が存在しているのです。たとえば、埼玉県で唯一の村である秩父郡東秩父村にも水回り関係の相談ができる業者があります。ただ、やはりさいたま市や川口市、川越市、所沢市といった中核市以上の大きさの都市部に集中している傾向があります。ただ、地元で水回りのリフォームを依頼するのは、どこの市町村でも可能なので、まずは地元の業者や会社を検討してみましょう。

愛媛県で活躍する溶接技術とは?一貫生産でも利用される技術

愛媛県では溶接を中心に金属加工を行う企業が多くあります。
それらの企業は溶接専門に行っているところもあれば、工程の一部分として溶接を取り扱っているところも見られます。
今回は、それぞれどのような企業がどのような形で溶接を実施しているのかについてまとめました。

溶接を主に行っている愛媛の企業

溶接を主に行っている愛媛の企業もあります。
こういった企業は、自社で製品を生産している企業もありますが、建設現場で活躍している企業も少なくありません。
たとえば、配管工事や鉄骨工事などで溶接加工が必要な部分で登場し、現場で溶接加工などを行っているような企業です。
溶接と言えば、物づくりのイメージがありますが、愛媛に限らず現場で溶接加工を手掛ける専門企業も存在するのです。

もちろん、依頼された製品を受け取って溶接加工を行ったり、造船会社の協力企業として造船所での溶接に人材を出張させたりするといった企業も愛媛にはあります。
いずれにしても愛媛県の重要な工業技術として溶接業があるのです。

生産過程の一工程として溶接を行っている企業

生産過程の一工程として溶接を行っている企業もあります。
たとえば、一貫生産に対応している企業では、金属加工の一つとして溶接を行っています。
自社で加工した金属部品に溶接を行って、そのまま自社内で納品できる体制を整えているのが特徴です。
これによって短い納期での加工が可能となるだけでなく、複数の企業を介さないためにコスト削減も貢献しています。
また、愛媛県のこういった企業は、大口対応だけでなく小ロットでの生産にも対応しているので、溶接が必要な製品を少しだけ用意したいという場合にも適しているといえるでしょう。
金属の缶だけでなく塗装用のラックやコンベアフレーム、専用の輸送器具といった一点物に至るまで自社で設計から金属加工、そして溶接まで対応しています。

岡山で展開する事務機器の様々な商品やサービスの紹介

岡山は中国地方にあって、事務機器に関する様々な商品やサービスを提供している企業も少なくありません。
今回は、岡山で展開している事務機器の様々な企業について、どのようなサービスを提供しているのか紹介していきましょう。

そもそも事務機器とは?

事務機器とは簡単にいえば、事務作業で用いられる機器を指し、書類作成や処理、保管、出力(印刷や配信)などを行う機器のことです。
事務作業の自動化に寄与することからOA機器(オフィスオートメーション機器)とも呼ばれており、OA機器としたほうがイメージしやすいかもしれません。
岡山でも多くの場所で活躍しており、次のような機器が主に挙げられます。

・計算機器
・印刷機器
・通信機器
・その他

まず、計算機器について簡単にいえば、パソコンやタブレットなどの機器を指します。
書類作成などで主に使用される事務機器であり、ほとんどの職場にあるといっても過言ではない機器です。

印刷機器は、コピー機やプリンター、スキャナーといった機器です。
オフィスによっては複合機として、全ての機能を一台に集約した機器が用いられていることも珍しくありません。

通信機器は、ファックスやネット関係の機器を指します。
作成した書類などを外部に送信したり、外部からの情報を受信したりといった役割を果たしているのが特徴です。

その他の事務機器として、セキュリティ関係の機器、たとえばセキュリティカメラやタイムカード機器などが挙げられます。

これらに関する様々な企業が岡山にはあります。

岡山の事務機器関連企業

岡山には事務機器に関する様々な企業があります。

・事務機器を製造する企業
・事務機器を販売する企業
・事務機器をリースする企業

まず、岡山には事務機器の大手メーカーが本社を構えています。
そのため、製造も積極的に行われているエリアです。

事務機器を販売する企業は、岡山各地にあります。
大手企業の代理店になっているところも多く、利用することで最適な機器の販売を受けることができます。

リースやメンテナンスを手掛ける企業も少なくありません。
短期間の利用をしたい場合やリースを受けつつ、メンテナンスをしてもらう場合も便利です。

今治市は造船業の盛んなエリア!どんなタイプの造船所があるの?

今治市は愛媛県北東部に位置する市で瀬戸内海を挟んで尾道市と向かい合っています。
この地域は造船業が盛んな地域として知られており、市内の沿岸部には様々な造船所が経営されています。
今回は、今治市にある造船所にはどんなタイプがあるのかについて解説していきます。

今治市にある日本有数の大手の造船所

今治市には、日本有数の大手造船所があります。
今治にルーツを持つ造船所でありながら、海外企業とも競争関係にある国際的な企業として造船業を営んでいます。
主に商船やタンカー、天然ガスを運搬するLNG船といった貨物系の船舶を建造しており、自衛隊の艦船の建造を請け負うこともあります。
また、他にも大手の造船会社が今治を拠点にしており、商船のみならず海洋開発に用いられるような設備の建造も行っているのが特徴です。

中堅の造船所も多い今治市

日本を代表する大手造船所だけでなく中堅の造船所も数多くあります。
これらの造船所では、コンテナ船などの建造を主に行っており、中には海外にも拠点をもって海外進出している造船所も珍しくありません。
大手の造船所に比べると規模や建造数は少ないものの、世界の海運業界の視点から見ても高い技術力や生産性を誇っています。

小規模な造船所も健在

もともと今治の造船所は、小規模な造船所も少なくありません。
家族経営の町工場のような造船所も多く、その中にはキラリと光る技術を持っている会社も少なくありません。

漁船などの小規模な船舶を建造しているだけでなく、技術力の高い小規模な造船所では、自衛隊からの受注を受けてミサイル艇や掃海艇などの小型艦船を建造しているところもあります。

小規模といっても、従業員は多く、地元の人々にとって造船業は今治市の地域経済に大きな貢献をはたしていると言えます。
また、多くの雇用を生み出しており、今治市を様々な面から支えているといえるでしょう。