自分に合った仕事選びには自分の性格の把握と業界の把握が必須です!

この年齢にもなると自分にはどんな仕事が向いているのか、またどんな業界でどんな雇用形態で働くのがいいのかということが大体はわかってきます。

ただ社会人になりたての頃はそのようなことが何もわからずに仕事をしてきてしまったものです。

そこでこれからは私の経験談から語る自分に合った仕事や業界選びについて語っていきたいと思います。

文系=営業ではない

私はもうかれこれ20年以上前に某私立大学の文系学部を卒業しました。

私が大学卒業して就職しようとしていた時代はちょうどバブルがはじけた後であり、また同学年の人数が多いという超就職氷河期と言われていました。

そんな時代に私は某食品会社の営業職として働き始めたのですが、働きだしてから3年ほど経過するうちに、いかに営業という仕事が自分にとって苦痛であるかということがわかり始めてきました。

といってもそのことがわかったのは実際に自分が働きだしてからであり、働きだす前は専門職が多い理系と違って文系=営業でないと仕事がないと考えていました。

苦痛ではありながらも我慢して働いていた私ですが、狂牛病による業績悪化で会社を首になったことによって自分の適職探しを始めていきました。

まず自分の性格の把握から始めたのですが、その結果営業ではなくて現場作業者の方が向いているとわかりました。

物流業界はブラック企業や給料の安い会社が多い

そして私はフォークリフト乗務員の正社員として某物流会社のリフトマンとして働き始めました。

その結果、営業をしていた時のような苦痛の日々はなくなりましたが、経済的には全く満足できることがありませんでした。

これもこの会社で働き始めてからわかったのですが、物流会社には低賃金で長時間労働のいわゆるブラック企業が多いことがわかってきました。

特にトラック乗務員の方は朝早くから働いていてもその残業代が未払いなどのケースが多くて、私のような現場でリフトを乗る人間も低賃金での労働を強いられるケースが多かったです。

誤解のないように願いたいのですが、これは全ての物流会社がそうとは限りませんが、業界全体としてはこのような傾向が強いということです。

非正規雇用でもその中身が重要である!

その物流会社を退職後、私は派遣社員労働などを経験し、現在は某食品会社の現場作業員として働いています。

雇用形態はパート(会社ではパートナーと言う呼称)なのですが、物流会社の正社員として働いていた時よりも賃金がいいのです。

派遣だと派遣会社にマージンを取られますが、直接雇用の非正規はそんなに悪くはありません。

交通費も全額支給されていますし、製造業として毎日決まった量を決まった人数で生産する必要があるので非正規だからといって簡単に首を切られるということもありません。

皆さんも良く考えて仕事を選びましょう!

まとめ

ずっと何か1つのことをやってきた人間以外はどんな仕事を選べばいいのか?ということはなかなかわからないかもしれません。

私の場合も現在の年齢に至るまでなかなか自分に合った仕事が何かはわからなかったのですが、1つ言えることは何と言っても自分が経験してきたことが財産になるということです。

自分の性格や業界、労働形態をわかってきて今現在にようやくたどり着いたのが適職だと思います。

確かにかなりの回り道かもしれないですが、実際に働いてみないと分からないこともおおいですので、これから仕事を探す方にもとにかく自分で考えて行動してみるという経験を積んでいったもらいたいものです。

産業廃棄物収集運搬とは?長野市で始められる?

長野市でも多くの場所で産業廃棄物収集運搬が行われています。
多くの人が生活し、長野県内でも最大の都市である長野市は、産業廃棄物も多くでるからです。
産業廃棄物収集運搬とはどんな仕事なのでしょうか。

そもそも産業廃棄物収集運搬とは?

長野市でも産業廃棄物収集運搬が行われていますが、これは産業廃棄物を収集・運搬することです。
ただし、誰もができるわけではなく特別な資格がないとできません。
そもそも産業廃棄物とは、事業活動で排出された廃棄物で燃え殻や廃油をはじめ、多くのくずを指します。
その種類は法律で20種類に分類され、それぞれ異なった運搬が求められるのです。
また産業廃棄物の中でも特に、毒性があったり感染性があったり、人体や環境に悪影響を及ぼす可能性があるものは「特別管理産業廃棄物」と呼ばれます。
これらの産業廃棄物は運搬するだけでも高度な知識と技術を求められることも少なくありません。
このような事情から、無許可で産業廃棄物収集運搬はできないのです。

長野市で産業廃棄物収集運搬を始められる?

長野市でも産業廃棄物収集運搬の事業を始めることは可能です。
長野県知事の許可である「産業廃棄物収集運搬業許可」を持つことで産業廃棄物収集運搬業者として業務に当たれます。
ただし、許可を受けるにはいくつかの条件をクリアしなければいけません。
まず、公益財団法人日本産業廃棄物処理振興センターの講習を受講して産業廃棄物の知識を学びます。
長野市では行っていないので、東京など都市部へ行くことが必要です。
次に経理的基礎です。
これは簡単に言えば、事業を継続できることが挙げられますが、ある意味最も難しい条件の可能性があります。

3つ目は、暴力団員や破産者で復権を得ない者など、欠格条項に該当していないかどうかです。

4つ目は施設や車両、産業廃棄物が飛散する危険性がない運搬車を持ち、専用の運搬施設や運搬容器を用意していることが求められます。
これらの条件をクリアして申請することで許可が得られ、産業廃棄物収集運搬ができるようになります。

下関で軽運送をするコツとは?

下関でも多く見かける軽運送は軽自動車を使って行う、開業もしやすい運送業の形態です。
そのため、参入する方もよく見られますが、苦戦するケースも少なくありません。
今回は、下関で軽運送をするコツを中心に紹介しましょう。

下関で軽運送をするコツ:積み方

軽運送は、利用する軽自動車がもともと運送専用に設計されているわけではなく、様々な業務に対応したものになっています。
そのため、軽運送をする場合は荷物の積み方にもコツがあります。
下関の場合は交通量が多いところもあるため、スムーズな荷物の出し入れが重要です。
ポイントは、一番最初に配達する場所は運転席の真後ろ、二番目は後ろのドア、そして最後に配達するエリアは助手席の後ろのドアに置きます。
そうすることで速やかに荷物を取り出せます。
次に大きくて重い荷物は荷室の下方に積むことで荷崩れを防げるので注意して積んで下さい。
また、下関はカーブが比較的多いので、荷崩れしやすく荷物の形も似たような形の物をまとめるのがポイントです。
さらに余裕があれば、封筒物の荷物は折り畳みコンテナを用意して助手席に積んでおくのがおすすめです。

下関で軽運送をするコツ:失敗のフォロー

下関はマンションも多く、時に誤配を起こしやすい地域です。
そのため、誤配の予防としてしまった場合のフォローアップが重要になります。
最近は宅配ボックスが多く、ふたの閉め忘れや似たデザインのボックスに入れてしまうなどのミスが起こりやすくなります。
こういったケースにも注意して対応しましょう。
失敗は必ず起きますが、その後のフォローが重要です。
もし誤配を起こしてしまった場合は、管理人さんに相談したり、管理会社に相談したり、最悪入居者様に連絡をして謝罪したりします。
宅配ボックスに関しても同様に対応しましょう。
入居者様に開けてもらえるまですごく時間がかかる場合もありますが、忍耐強く待つのもポイントです。

保険代理店は私たちの側で、さまざまなケアをしてくれる存在

桐生は、群馬県南東部に位置します。桐生は、古くから絹織物などの機業が盛んで桐生織は京都の西陣織と並び称されていました。奈良時代には、絹織物を朝廷に献上し江戸時代には西の西陣、東の桐生といわれるほど織物の一大産地となっていました。

続日本書紀にも記される桐生の織物産業

桐生の由来は、元々この地方が山間部にあり朝夕に霧の発生が多かったことから霧生とよばれ転化したものとされます。また、桐の木が多く生えていたことから桐生の名が生まれたとも伝えられます。このように桐生という名がついた地域で盛んだった産業のひとつが織物。桐生で織物が始まったのは、1,300年余り昔とされます。これは、続日本書紀の中にも当時の租税制度に上野の国に税金はあしぎぬとして、昔から織物が盛んであったことが記されているからです。

織物産地として発展した桐生

桐生は、昔から織物産業が盛んな地域です。桐生の織物は伝統工芸品としても認められています。桐生織物が、発展したのは18世紀中頃に京都から高機が移入されてから。この頃から、紋織物、しぼ織物など高度な技術の織物が織り出されました。また、生産形態も近代的な生産体制が確立され織物産地として栄えました。伝統工芸品である桐生織は、着物地に限らず和装小物織物や室内装飾織物、服飾品などさまざまな製品として生産されています。

保険代理店は私たちと保険会社の間でさまざまなケアをしてくれる存在

織物など高価な芸術品には保険をかけることができます。人や家などの保険と同じように、大切な物をさまざまなリスクから補償するという内容です。補償内容は、保険によってことなりますが保管中、使用中、輸送中などさまざまな状況において補償されます。このような保険は、保険代理店で扱っています。保険代理店は、保険会社と顧客の間に入る存在です。保険の各種サービスを提供してくれる事業者になります。桐生市の保険代理店では、保険の各種サービスや紹介、契約締結、各種手続き、保険金請求のサポートなどさまざまなケアをしてもらうことができます。

大分県中津市の製造業に女性の求人はあるのか

女性が工場勤務することについて

工場勤務をしている人のイメージとしてよく思われているのが、体力的に大変そうと思う方が多いのではないでしょうか。
しかしそれは一昔前の実情であり、現在では生産工程の自動化が進み、労働環境が大きく改善しています。
むしろ身体的な負担が少なく働きやすくなったとする方も多く、体力に自信がない方や女性でも、活躍できる職場として注目されているのです。

製造業の種類

女性でも働きやすい職場環境が整ってきたと言っても、製造業にも様々な種類があるので向き不向きがあるでしょう。
そのため、あらかじめ女性が働くとなるとどんな分野なら働けそうかを知っておく必要があるはずです。

製造業の種類の一つに、検品作業というものがあります。
これは破損や不具合など、細かな不備に気が付きそれを撤去するという作業なので、しっかり集中して短時間で検品できる観察力が必要です。

そして、積み込み作業というものがあります。
比較的体力が必要な作業であり、これは台車をフォークリフトを使っての荷物の移動や荷卸し、そして商品にシールやラベルを貼り、出荷できるようにしていく作業になります。

さらに機械操作作業では、機会を実際に稼働させたりするのですが、この時にしっかりと設定通りに機会が動いているかを観察しなければなりません。
また、設定の仕方や機会の不備など、稼働させる機械そのものを熟知する必要があるのです。

このように、製造業一つとってもたくさんの作業があるので、しっかりと自分に合った作業の工場かを見極める必要があるのでしょう。

大分県中津市の女性求人について

工場勤務について、女性も就職しやすくなったということですが、大分県中津市の求人はどうでしょうか。
実は中津市でも男女ともに歓迎する起業が多くあります。
機械や精密機器を製造する会社などでも需要があり、正社員の枠もあるのだとか。
また資格取得によってはさらなる給料アップなども期待できるため、今後のキャリアアップを考えるのであればぜひ資格を取る道を考えて職場を選んでみてはいかがでしょうか。

大分の土地家屋事情

大分の土地事情

大分県は由布院温泉や別府温泉などの観光地が有名ですが、大分の魅力は観光地だけではありません。
住み心地のよさにも定評があります。
県庁所在地でもある大分市の人口は1,109,410人(令和4年現在)と増加傾向にあり、大分県の「住みやすい街ランキング」では2位に輝きました。
こうしたデータから、大分は観光地としても、暮らす街としても魅力的であることが伺えます。
また、大分県は全国的に見ても土地の価格が安い傾向にあります。
平成29年度の土地価格ランキングを見ると、大分県は全国36位と低めの結果であることがわかります。
住みやすく、土地も安いということもあり、近年「大分で家を建てたい」と希望する方が増加しています。

土地家屋調査とは?

家を新築・増築する際必要になるのが、土地の測量、土地の情報の登記申請手続きです。
どちらも必ず行う必要があることです。
測量は、その土地の形状や面積を把握するために必ず行わなければなりません。
不動産の登記申請手続きは、土地・建物の権利を守るために重要な手続きです。
土地家屋調査を行う際は、土地家屋調査士という専門家に依頼をします。

土地家屋調査士とは?

土地家屋調査をする際にお世話になるのが、土地家屋調査士です。
合格率約10%の試験に受かった土地家屋調査士は、土地家屋のプロフェッショナルです。難しい手続きの多い土地家屋調査において、心強い味方となってくれるでしょう。
そんな土地家屋調査士の主な仕事は、土地の測量、土地の情報の登記申請手続き、筆界特定業務などが挙げられます。
一般的な知名度は低く、聞き慣れない職業ですが、土地家屋調査士は土地や家屋などの大切な財産を守るために働いてくれているのです。

大分で土地家屋調査士を探すには?注意点は?

土地家屋調査士を探す際におすすめなのは、インターネット検索です。
大分 土地家屋調査士事務所」と検索すると、すぐに情報が得られます。
さらに、他社との比較が簡単にできるというメリットもあります。
事務所が見つかったら依頼前にぜひおこなってほしいことがあります。
料金見積もりをし、他社と比較することです。
事務所や会社によって料金が異なるケースが多いからです。
「同じ内容の土地家屋調査なのに、料金が全く違う…」と後悔しないためにも、必ず見積もりをしましょう。

さいたまの総合建設業はゼネコンと違うの?

建設業界には様々な会社があり、分野も異なります。
その分野の1つに総合建設業が存在し、さいたまでもいくつかの総合建設業が活躍しています。
しかし、この総合建設業は、ゼネコンと何が違うのでしょうか。

・総合建設業はゼネコンと同じ意味
さいたまで総合建設業の企業がありますが、実際はゼネコンと同じです。
建築と土木工事を同時にでき、いくつかの業者と協力して工事全体の取りまとめを行うのが総合建設業です。
この業務は、ゼネコンそのものであり、ゼネコンの別の言い方といっても問題ないでしょう。
実際、ゼネコンはGeneral Constructor(総合建設会社)の略であり、まさに総合建設業を指すのです。
このようにさいたまで総合建設業を営んでいる企業は、さいたまのゼネコンといえます。

・さいたまの総合建設業の仕事内容
さいたまの総合建設業の仕事は、プロデュースそのものです。
自社だけでなく、多くの専門業者と協力して高度な技術が求められる工事を請け負います。
その工事に必要な専門技術に優れた業者を集めて、その中心として専門業者とのスケジュール調整や交渉を行い、工事全体の責任をもって業務に当たります。

現場では、施工契約や品質管理、工程管理、安全管理、原価管理、発注した企業や個人、組織、行政との折衝を行います。
自社で直接工事作業に携わること以上に、これらの管理業務を担当することが中心です。
そのため、現場の専門職というよりは、営業、積算、調達、設計、施工管理といった分野のスタッフが勤務しているのも特徴です。

さいたまには地元の総合建設業のほか、大手の総合建設業の営業所がいくつも存在し、さいたまにおける大きな工事のプロデュースを日夜行っています。

このように建設会社といっても、多くの業者を取りまとめる仕事がメインなのが総合建設業、ゼネコンなのです。

台風上陸数第2位の高知!土木工事は私たちの生活を守ってくれる

高知は、四国にあり四万十川に代表される清流や豊かな自然に恵まれている地域です。高知は、北は愛媛、徳島に南は太平洋に面し扇状に突き出した地形です。高知は、温暖多湿な気候が特徴で亜熱帯植物が自生し高知平野では早場米が収穫されます。

温暖多湿な高知には亜熱帯植物が自生している

高知は温暖多湿な気候が特徴の地域です。太平洋を臨む海岸線は長く西はリアス式海岸、東は隆起海岸となり平坦な砂浜が続くといった特徴があります。高知では温暖多湿な気候から足摺岬や室戸岬にはアコウやビロウといった亜熱帯植物が自生するといった特徴があります。また、県立の牧野植物園にはパパイヤやバナナなどの熱帯植物が植生されています。植物園内に植栽されているほとんどの植物は野生種で四季ごとに楽しむことができます。

高知の台風上陸数全国2位!

高知は、昔から台風の大きな被害を受けてきました。日本は、台風の多い国です。このような中、高知県の台風上陸回数は全国2位です。日本に接近する台風の大半は南東の海で発生しています。そして、発生した台風は上空の風に流され北へ向かうため鹿児島や高知県の近くを通ることが多くなります。では、台風発生時の台風中継が高知からされるものが多いのはなぜでしょうか。これは、高知の広い海岸からだと、高波などの映像が中継しやすいという理由からです。

台風被害など自然災害から私たちの生活を守る土木工事

台風の上陸回数が多い高知では被害もそれなりにあります。このような時、必要となるのが土木工事です。台風の被害では、川の氾濫や土石流、がけ崩れ、地すべりがあります。また、建物被害や道路の崩落などさまざまな影響があります。これらの台風被害は普及支援が必要となります。土木工事では、台風被害による復旧作業などが進められます。また、今後同様の災害が発生しないような対策工事なども行われます。このように、土木工事は自然災害が発生した後、私たちの生活が1日も早く戻るよう多大の尽力がされています。災害の多い高知では土木工事がとても重要な役割を果たしているのです。

【越谷市のポスティング】ポスティングを利用するメリット

今だからこそ再注目されるポスティング

チラシについては皆さん目にしたことがあるでしょう。
いろんなチラシを各会社が各々作り、宣伝をすることで販売につなげているのが特徴です。
コンビニなどでもよく見かけ、手にする人もいるでしょうが、そのチラシが目に入らなければチラシの意味がありませんよね?

そのため、極力たくさんの人にチラシを見てもらうには、直接家に届けるのが一番です。
チラシの中身はいろんな種類がありますが、各家に届けることで、少しでも集客につながるのであれば、それに越したことはありません。

また、現在はコロナウィルスの流行のために、直接営業にまわることは非常識とされるケースもあります。
そのため、メールなどを使って営業に回ることもよくあります。
そうした中現在再注目されているのが、ポスティングによるチラシ営業。
直接営業できない分、チラシなどの宣伝によって、さらに集客や新規顧客の獲得などを狙う企業も多いのです。

実際のところポスティングによる反響率は、0.1~0.3%という、以前では低い水準でありました。
しかしながら現在は事情が少しずつ変わってきていることによって、反響率が1%以上、チラシ自体のレイアウト次第では、それ以上が望めることもあります。
そうしたことによって集客し、より販売促進に繋がって行くことしょう。

埼玉県越谷市の実情と事業者について

越谷市では地域密着型のポスティングサービスを行うところもあり、地域事情を把握してのポスティングを行う事業者も数多くあります。
地域ごとに配送する件数もバラバラのため、件数に応じた費用も必要となるでしょう。

もしも選ぶポスティングを注文する場合、やはり口コミや案件をこなしてきたという実績がある企業が重要視されるケースが多いのですが、
一番なのはその事業者が親身になって請け負ってくれるところがいいでしょう。
無作為にくばるにしても、依頼者の意向を尊重する企業であれば、その分信頼関係も強くなるので、そうした企業を選ぶようにしましょう。

茨城の足場工事の種類

足場の種類に目的には

足場工事の目的は、安全な作業を行うためです。
仮の囲いで、工事が終われば撤去されます。
足場工事は、ビルや建築現場で見かけた方もいるでしょう。
手すり先行工法と言って、厚労省労働省が推奨しているものです。
建設現場の事故には、転倒や転落が4割です。
足場があるから事故がなくなるのではと思われますが、ゼロになるのは難しいです。
作業者の体調不良になったり、急な強風に煽られたりなど予期せぬ出来事に見舞われます。
足場があることで、少しでも事故を減らすことができるのです。

足場の種類はどれぐらいあるのか

よく見ると、足場には同じようで似ているものがあります。
足場工事は、10種類ぐらいあります。
地方やエリアによって、呼び名が違うことがあります。
足場工事は、目的や用途に合わせて変わります。
職人さんによって、使い分けているところもあります。
代表的なのは単管足場、枠組足場、くさび式足場です。
主に住宅の建築の仕事で使用されるのは単管足場です。
鉄パイプにボルトを固定して、つなぎ合わせます。
狭い面積で、組み立てることができるのがメリットです。
一本の鉄パイプなので、物を持ったままの場合などは転落に注意です。
茨城の足場工事は、特別教育を受けた者でなければできません。
国家資格を持っている者の指揮のもとで組み立てられます。
足場工事の経験を積まれて、将来的にチャレンジしてみるのもよいでしょう。
いくつか資格があります。
受験資格もあるので、事前に調べておきましょう。
会社によって資格取得を支援しているところもあります。
新築住宅の建築は、少なくなってきています。
既存の建物のリフォームや修繕などの案件が増えてきます。
新築でリフォームのサイクルは、10年から15年くらいです。
公共工事も、年間通して均等に受注があります。
茨城の足場工事を含め、建設業の需要は今後もあると考えられます。